「嫁 まとふ」です。毎日が楽しい嫁が日々のできごとを語ります。育児の話多いです。ときどき同居の義母との溝も書いてます。


by 嫁 まとふ

<   2010年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0165966_11333725.jpg
とうとうbefa!10ヶ月号が届きました。

とうとう臨月(妊娠10ヶ月)に入るのです。

次の日曜日から36週(臨月)です。

長いようで、でもあっという間に、もう9ヶ月を過ごしてきました。

昨日、市主催のママ教室がきっかけでお友達になったママ友が、「出産したよ」という報告をくれました。

彼女は予定日ピッタリの出産でしたが、それはそれはすごい闘いをしたそうです。

二日間の前駆陣痛(「ぜんくじんつう」と読みます。陣痛かと思ったのに、不規則で強くなったり弱くなったりして、結局は痛みが遠のいてしまう痛みのことです。)と、32時間にも及ぶホンモノの陣痛の末にやっと出産したそうです。

ママは疲れ果ててボロボロだそうですが、それでも「生まれてすぐオッパイを上手に飲んでくれて感動した」と語っています。

こちらまで感動してしまいました。

赤ちゃんもママも、長い時間本当によく頑張ったね~。

これから他の何人かのママ友も続々と出産予定日を迎える予定です。

私の予定日はまだ1ヶ月も先ですが、それでも、37週を過ぎればいつ生まれてもいい時期に入ります。

あと2週間です。

ママ友の、陣痛との闘いに勇気をもらい、出産の喜びに感動をもらい、私も出産頑張らないと!と思いました。

でもとりあえず、出産準備をそろそろ始めなければ。

本当は8ヶ月の終わり頃までに準備しておくといいと言われているのですが、私は9ヶ月も終わりなのに、ほぼ用意していない!!

ゆっくりしすぎかしら。

そろそろ買い物行かなくちゃ。




あ、っと。

主題と長いこと離れてしまいましたが、はい、今回のタイトルにつけました、befa!10ヵ月号は内容的には大したことがなく、2,000円は高いなという印象でした・・・・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-31 11:58 | 妊婦の話
a0165966_11383894.jpg
昨日、時間内に無事はるな愛がマラソンをゴールし、感動的なフィナーレを迎えて24時間テレビを終えましたね。

私が観覧してきたのは土曜日のオープニングでした。

テレビの観覧というもの自体、私は初めての経験でしたが、24時間テレビというまた更にちょっと特殊なものなので、ますます興奮してしまいました。

武道館に着いてみると、24時間テレビの募金をする人たちの列はすごい行列でした。

後で知ったのですが、その募金の列は、中に座って観覧はできないけれど、中に入って芸能人に直接貯金箱を渡して握手してもらえるという特典のあるものだったのですねぇ。

貯金箱を持っていけば、私たちも芸能人と握手できるのかと思っていましたが、観覧する人にはそのような特典はありませんでした。

ただスタッフに渡すだけ。

なんとも残念。

でも、ちゃんと渡してきましたよ、貯金箱。

私たちの貯金箱に愛のある募金をしてくれた方々、どうもありがとうございました。

昨日の夜8時時点での募金総額は2億ウン千万円だったとテレビで発表していたと思います。

すごい額ですね。

最終的には一体いくらになるのでしょうね。

私は、私の知っている障害者施設において24時間テレビから寄贈された車があるのを知っています。

だから、みなさんの善意の募金がきちんと使われていることを知っています。

だから、私はためらうことなく募金できました。

私たちの貯金箱に入っている募金金額は本当にささやかなものではございますが、この募金が、どなかたのお役に立ちますように。




さて、観覧はとても楽しいものでした。

テレビの裏側ってこんななんだぁと知ることもできました。

生身の人間を、テレビの画面を通さずにこの目で見ているので、病気と闘いながらも今をしっかり生きようとしている人たちの勇気と活躍を、より肌で感じることができたとも思います。

歌も直接聴くことができたのはとても良かったです。

もう何年もアーティストのコンサートというものに行っていなかったので、興奮してしまいました。

夜9時からは「みぽりんのえくぼ」というドラマでしたよね。

武道館では、土曜日の観覧はこの時間まででした。

でも、そのドラマの時間、武道館では観覧に来ている人のために、パーソナリティーのTOKIOとAKB48が1曲ずつ、歌を披露してくれました。

こんなこともしてくれるなんて知らなかったので、なんだかとても得した気分になりました。

こんな風にして土曜日の観覧を終えたわけですが、本当に素敵なひとときでした。




今年は「ありがとう」がテーマでした。

みなさんは、誰に「ありがとう」と伝えたいですか?

私は、今は、私の妊婦生活を支えてくれている皆さんに「ありがとう」を言いたいです。

お腹は目立たないけどつわりで苦しんでいた時期から、通勤電車では席を譲ってくださる方がたくさんいました。

そんな心温まる親切をいただいた方たちに、そして会社の皆さんに、そして友達や家族に。

とりわけ、いつでも助けてくれている旦那さんに・・・。

出産予定日まであと5週間弱です。

みなさんのおかけで、お腹の赤ちゃんは元気にすくすく育っています。

みなさん、ありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-30 11:46 | 日々のできごと

足がつるんです

妊婦になってから、私にとっては結構頻繁に足がつるようになったのです。

しかも決まって寝ている時。

そしてつるのはこれまた決まって右のふくらはぎなのです。

一度、産院の先生(女性)に足がつることについて話したことがあります。

すると、先生は「仕方ないのよ、妊婦はつるのよね。みんなつるって言ってる。でも特に予防できることもないの。ただ、つってしまったら、足を伸ばして親指をぐるぐる回すといいわよ。」とおっしゃいました。

足がつるのはカルシウム不足だからとかは良く聞いていたので、妊婦になって初めて足がつったときに「よし、カルシウムを摂ろう」と、カルシウム入りと表示のある飲むヨーグルトを朝晩コップ一杯ずつ飲むようにいたしました。

ですが、それでもつります。

やはりたいした予防法は本当にないのかもしれません。

私は妊娠中期(5~7ヵ月)に一度、妊娠後期(8~10ヵ月)に三度、つっています。

そしてそのうちの一度は、今朝です・・・。

しかも、私はまだ出産予定日まで約ひと月半ありますので、まだつる可能性が・・・。

寝ている時につるのは非常につらいのです。

安眠妨害です。

予防にはなっていないのかもしれませんが、それでも私はこれからも気休めのつもりで飲むヨーグルトは続けます。

もしかしたら、その飲むヨーグルトがなかったら、もっと頻繁につってしまうかもしれないし・・・、と思うからです。

マタニティライフはとても楽しいけれど、足がつるのは勘弁だなぁ、と思う今日この頃です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-26 11:23 | 妊婦の話

ハーストーリー 8月号

対談のページでは、テレビや新聞で大反響のあった「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」という本の著者である向野幾世先生が、色んな方たちと毎月対談している記事を載せているのですが、今月はこのページが私の心に響きました。


今月は、前衆議院議員である山中燁子(やまなかあきこ)さんとの対談でした。

山中さんは、国益を思えば自費を投じることも厭わない素晴らしい考え方の持ち主でした。

びっくりするような話を記事のまま一部ご紹介します。

皆さんはご存じだったでしょうか。


山中 日本外交の問題は、地位さえあれば何とかできると思っている点です。外務大臣になれば、相手国の外務大臣と話して何とかなると。でも、そうではないのです。人間的な信頼関係が構築されていなければ、よその国の方々が心を開いて話すはずはありません。長い間のご縁とか、周りの人たちの縁がつながって、よい機会に恵まれるのです。(中略)
 1997年の京都議定書を締結するときは、世界中から環境大臣を招へいしながら、数年後、デンマークで行われた国際環境大臣会議には日本から役人一人も出しておりません。「これでは日本の顔が見えないし、信用を無くす」と友人である共同主催者のデンマークと英国の環境大臣から忠告を受け、環境大臣にお願いしました。しかし、予算がないから誰も派遣できないとのことで、私は個人的に自費で参加しました。
 2000年にはタイの女性担当大臣で、北京女性会議で議長を務めたスパトラさんが、アジアで初めての女性国会議員会議をバンコクで開催したときのことです。アジア各国から99人が参加したのですが、日本人は個人的に参加した私一人でした。
 「日本の衆参両議院に招待状を出したのに、返事がない。このままだと、日本はアジアを軽視しているのではないかという雰囲気になる」という連絡が入りましたが、日本の返答は「予算も人も無い」とのことでした。
向野 まさにお役所仕事そのものですね。
山中 私になんとか個人的にでも参加してほしいとの強いお願いを受け、自費で月曜日の国会に間に合うよう土日で参加し、基調講演と平和構築の分科会の議長を担当しました。



このような人間的な活動をされている山中さんはきっと、周りの人たちとよい信頼関係を築いているのではないかと思います。

「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャー元英首相と会ったときの素敵なお話なども載っていました。

そして、「家族がいるから頑張れる。家族は生きる基本、力の源です。」とおっしゃる山中さんに、とても魅力を感じます。


私は、もし今後、国会議員の選挙に出馬されることを山中さんが決めたとしたら、是非私の一票を彼女に投じたいなと思いました。

汚職にまみれたダークなイメージばかりの国会議員の中でも、しっかりと活動されている方も中にはいるのに、そのことは現メディアからはなかなか知ることができません。

イチ国民として国会議員を選出するのに一票を投じるならば、しっかりとした信条のもとで確かに行動されている方を選びたいものです。

ですから、自分が信頼するところから発信される、こういった素晴らしい活躍をしている方々の情報は非常にありがたいものです。

これからも山中さんの活躍を祈っています。
a0165966_1640073.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-25 09:18 | 読書
昨日、妊婦検診でした。
(34週1日目で、赤ちゃんの体重が2057gでした016.gif)

それで病院に行くために歩いていると、いきなり後ろの方から「こんにちは。」と声をかけられました。

女性の声だったので振り向くと、知らないおばちゃんが、「おなかが大きいから…」と言って近づいてきて、「妊娠中は薬とか飲めないし、体にいいものを食べなきゃナンチャラカンチャラ」と話しかけてきました。

そして、なんかのチラシとパンフレットを差し出してきたので、とりあえずそれを受け取りました。

パッと見、オーガニック野菜を推奨するような感じのものでした。

私は病院の予約の時間もあったので、急いでいて、その人の話をしっかり聞くこともなく、チラシ&パンフレットだけ受け取ってすぐにその方からは離れたのですが、あとでそれを見てみると…。

オーガニック野菜を推奨するようなチラシの後ろ入っていたパンフレットには、とある宗教団体の名前が印字されておりました…。

ある私の友人が、ブログで「妊婦は呼ぶ?!」という感じのブログを書いていたのを思い出しました。

その友人も妊婦時代に知らないおばあちゃんに声をかけられ、宗教団体のチラシをもらったらしいのです…。

まったく同じような体験ではないですか。



本当に「妊婦は呼ぶ?!」のでしょうか…。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-24 09:44 | 妊婦の話
厳密にいうと来週月曜日の8月23日から「産休」なのですが、土日休みの私は昨日の金曜日が会社最後の日でございました。

お世話になった部長と女の子にお手紙を書き、女の子にはお礼にタオルハンカチと地元では有名なケーキ屋さんの焼き菓子を添えてご挨拶のときに一緒に渡しました。

「来週から産休に入りますのでご挨拶に参りました」と、会長、社長、それからそれぞれの部署やグループ会社をまわり、自分の所属する部署でご挨拶いたしました。

ご挨拶といっても口ベタな私はうまく今までのお礼を伝えられなかったので、本当にお礼を言いたい方にはお手紙を書いて正解でした。

考えて、伝えたいことだけ厳選して、それで書くことができるので、私にとってはなくてはならないツールです。



私は、本当にこの会社が好きでした。

給料は少なかったけれど、私にとっては給料の安さはそれほどの問題ではありませんでした。

私にとって重要だったのは、働きやすい環境、働き続けられる環境、でした。

つまり、職場環境とか人間関係といったことが最重要テーマでした。

そして、今の会社はそれらが備わっていました。

直属の上司は、責任を部下におしつけるような人ではなく、部下のミスは上司の責任、と考えてくださる方でした。

だから、私もなるべく上司に迷惑をかけないように、ミスのないようにしっかり頑張ろうと思いながら仕事することができたのでした。

まわりの女の子たちもそれぞれ支えあっていました。

いろいろあってヘコんでいる時も、周りの女の子や上司に励まされ助けられて、勇気づけられて前向きに仕事に取り組んでこられたのだと思っています。

こんな素敵な会社に巡り合えて私は本当に幸せでした。

私はこれから、しばらく育児に専念することになりますが、今私のおなかにいる赤ちゃんには、会社のみなさんのように、いつも誰かを助けられる心のゆとりややさしさを持った人になれるよう育てていきたいと思います。

本当に、今までありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-21 09:50 | 会社

今日が最後です

とうとう来週月曜日から産休に入ります。

だから、今日が最後の出社日です。

今、会社に来ていますが、引き継ぎは終了しているので、仕事はありません。

後任の方からの質問も30分ほどで終わってしまうと思います。

ただ席に座っているだけですが、会社に来ることももうなくなるのだなぁと思うと、ちょっと寂しいです。

今日が最後なのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-20 10:34 | 会社

当たっちゃいました~!

今年の日テレ24時間テレビの観覧が!

a0165966_1085312.jpg今までいろんな懸賞にハガキを出してみたりはしたけれど、当たったことなど皆無だったこの私が、初めて、当たっちゃったのでした~。

「妊婦は当たる」という噂を聞いていたけれど、それを信じて買った宝くじだって当たらないし、あれはただの噂だったのだと思っていたけれど、そうではなかったのかもしれません!

こんなBIGなものに当選するなんて~!

当選ハガキを見たときは最初「なんだこれ?」という感じで、ワンテンポ遅れて「あ・・・」と気づき、びっくり仰天したのでした。


初めての観覧、初めての武道館!

さぁ、これから貯金箱を用意しなければなりません!

それからチャリTシャツも!

妊婦の私に着れるTシャツがはたしてあるのかどうか分かりませんが・・・。

かなりテンションが上がっています!

来週が楽しみです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-18 09:59 | 日々のできごと

RainforestCafe

お盆が明けましたね。

皆様はどのようなお盆を過ごされたでしょうか。

昨日は送り盆でしたので、私は実家に行って、お盆に家に来てゆっくりしていたであろう亡くなったおじいちゃんおばあちゃんを送るために、提灯を持って最寄りの駅まで行ってきました。

本来はお墓まで送ってあげるのが良いのだと思いますが、それは大変です。

私の実家では、昔から、おじいちゃんもおばあちゃんもお金持ちなので、お墓から駅までタクシーで来るから、という妄想的な屁理屈を勝手につけて、いつもお迎えもお見送りも駅前のタクシー乗り場までです(笑)

おばあちゃんが健在の頃からそうしてやってきたので良いのです。

数年前におじいちゃんのもとへ旅立って行ったおばあちゃんもその辺のところは良く分かっていることでしょうから、ちゃんと自分たちでお墓からタクシーで駅まで乗りつけてきたり、駅からタクシーでお墓に帰ったりしていることでしょう(笑)

最近では、提灯を持って亡くなった先祖をお迎えしたりお見送りしたりする家族はほとんど見られなくなりましたが、私の実家では昔からの伝統、というか習慣、というか、そういうものなので、お盆の恒例行事、といった感じです。

ここ数年は私は仕事で、お迎えやお見送りがなかなか出来なかったのですが、今は妊婦で会社も有給消化中でお休みの日々。

時間が合ったので、久しぶりに行ってきました。

提灯をぶら下げて歩くとやはり「お盆だな~」という気持ちになるものです。

来年もまた、生まれてまもない、今私のおなかの中ですくすく育っている赤ちゃんと一緒に、お迎えしたりお見送りしたりできたらいいなと思っています。


さて、随分長い前説になってしまいましたが・・・。

お盆中に、長野に住んでいる親戚が私の実家に来ていたので、時間が合ったときに一緒にお出かけしてきました。

イクスピアリに行きたいということで、私・私の旦那さん・私の弟・いとこの姉弟と5人で出かけてきました。

そして、食事をしたのが(やっと題名に出したお店の登場ですが・・・)レインフォレストカフェです。
a0165966_15221775.jpg

ジャングルのようなお店です。
a0165966_15245763.jpg
お値段は高めです。

サービスは普通より良い方ですが、味は普通。

普通といってもおいしいです。

でも、次回はないかな。

ですが、久しぶりにいとことおしゃべりしながら食卓を囲むのはなかなか楽しいものでした!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-17 15:35 | お外ごはん

ソファが届きました

先月家具屋さんで購入していたソファが、やっと昨日我が家に届きました。

人気商品だということで、購入してから届くまで半月ほどもかかりました。

待ちに待ったソファです。

a0165966_8392464.jpg

我が家のリビングは畳のお部屋なので、くつろぐときはいつも、座椅子ですが地べたでした。

しかしながら、妊娠後期に入ってお腹がどんどん大きくなり、座るのはいいけれど立ち上がるのがとても大変になってきました。

よっこらしょと言わないと立ち上がれないし(言わなくても立ち上がれるはずですが・・・)、かえるみたいになんかお尻を突き上げて手と足で踏ん張ってから立ち上がる、というなんだか醜態をさらさないと立ち上がれないし、という感じになってきたので、旦那さんにお願いしてソファを購入することに決めたのでした。

ソファ(イス)だと、立ち上がるのはとてもラクです。

そして、このソファはふかふかなので、座り心地もよく、さらに寝心地もいいのです。

届いたソファを満喫するべく、さっそくソファでお昼寝。

すやすやいい気分でガッツリお昼寝できたのでした。

快適です♪

旦那さん、ありがとう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by matofu99 | 2010-08-13 08:51 | 日々のできごと